バイクを通して得た経験

バイクを通して得た経験


私は以前からなぜか自動車には全く興味がなく、いつもオートバイだけに関心がありました。免許取り立ての頃から無理してバイクの新車を買い、転んだり傷つけたりしながらバイクを通して色々な経験をしてきました。

交通ルールを学んだ
免許を取った理由はただ一つ、バイクに乗りたかったからだけだったので、教習所で学んだことは「試験をパスするための面倒くさいきまり」程度にしか考えていませんでした。
そのおかげで免許取得後に実際の交通社会に出てからかなり痛い目にあいました。その頃の私は見つからなければ多少の違反は大丈夫という身勝手な考え方を持っていたので、一時停止や制限速度もいつも少しずつ違反するような走り方をしていました。当然警察官は隠れて取り締まりをしているので何度も何度も切符を切られることになりました。
そのようなペナルティーを呆れるほど食らっていく内に段々と自分の間違いが心から分かるようになっていき、やがて本当にルールを守れるようになりました。きっちりとルールを守って乗るオートバイの運転は最高に気持ち良いことを知りました。未熟な私がそのような状態になるまでに事故を起こさなかったことは幸いだったと思います。今ではゴールド免許になりました。

世界とつながった
休日の楽しみはツーリングでした。計画を立てて走るのも好きでしたが、無計画に気の向くままに走るのも好きでした。特に夏の夜に気ままに走るのはこの上なく爽快です。自分の気持ち次第で走りたいので毎回必ずソロツーリングでした。
色々なツーリングを何度も経験して感じたことは、バイクさえあればどこまでだって行けるということです。そしてどこまでも広がっている世界と自分がつながっていることを実感できるようになりました。
それまでは日本のどこかで起こったニュースなどを見ていても自分とは違うどこか遠い世界のことのような気がしていましたが、ツーリングをするようになってからはその場所がすぐにでも行ける身近な場所に感じられるようになりました。
バイクに乗る前は世界と自分は分断されていました。でもオートバイという乗り物を手に入れたことによって、自分は単なる移動手段だけではない心の広がりを獲得することができたと思います。


バイク 処分